生産者ごあいさつ

藤田農園-生産者写真

代表 藤田由香
静岡県牧之原市の藤田農園では静岡いちごの章姫と桃薫の二種類のいちごと、牧之原茶(やぶきた茶)を生産しています。

古くは米農家で田んぼからお茶、大根、ほうれん草、人参、サツマイモを栽培していました。

そして40年前に当時この地域でいちごを栽培していた農家はほとんどなかったため、父が周りの農家の反対を受けながらも田んぼを埋め立て、いちごの栽培を始めました。

いちごを栽培を始めた当初、納得がいく美味しさではなかったために、いちごの品種をしずたから、ほうこう、女峰、とよのか、アイベリー、紅ほっぺと次々に試した結果、納得のいく品種にたどり着いたのが章姫でした。

しかしこだわりの強い父は、もっとこだわり抜いた糖度の高い、いちごを作るために15年以上かけて、肥料の配合を研究した結果、一般の章姫の糖度9.1%をはるかに超える高糖度15%前後の高級ブランドいちごを作ることに成功し、その味を大切に守り続けています。

 

 

苺栽培&販売のライブ配信を行っています。
LIVE配信アプリ(LIVE812)はこちらからダウンロードできます。

https://app.adjust.com/afsdkz7?campaign=fujiko_BL

 

藤田農園の商品

高糖度・高級ブランドいちご

 

藤田農園のいちごをご紹介します!

◇     ◇     ◇

藤田農園のいちごの栽培品種

1 章姫(あきひめ)12月~5月末

静岡いちご_あきひめ2

章姫の特徴

糖度が高く酸味も少ないために練乳をかけずに食べられるいちごです。

藤田農園の高級ブランドいちご章姫の特徴

取引先にはANA、千疋屋、三越、伊勢丹、髙島屋、大丸、遠鉄百貨店に期間限定でお歳暮ギフトとして販売していたブランドいちごです。

  • 一般的な章姫の糖度は9.1%、藤田農園の章姫は15%前後と非常に高糖度です。
  • 化学肥料を一切使わずに有機肥料のみで栽培してるため、安心安全に食べられます。
  • 静岡県牧之原市内の幼稚園・小学校・中学校の給食に使われています。
  • 土からこだわり抜いて栽培しているため、一般の章姫より糖度が高いのも特徴の一つです。
  • 当農園は砂地栽培でイチゴを育てています。

(海が近いためミネラルがたっぷり入った潮風が砂に入ることで、イチゴの糖度がより一層増します。)

砂地栽培は地温が高くなるため糖度が高くなるもの、いちごが甘くなる条件が揃っています。

 

※藤田農園のいちご章姫(あきひめ)は自動販売機でもお買い求め頂けます。

自動販売機の地図はこちらをクリック!

2 桃薫(とうくん)1月~3月中旬

静岡いちご_桃薫1

桃薫の特徴

  • 繊細で生産が非常に難しいため、生産している農家が静岡県内にもほとんどない非常に希少価値の高い苺です。
  • 名前の通り、桃に似た甘い香りと見た目がピンク色で、果肉が真っ白く柔らかい特徴があります。

当農園の桃薫の特徴

気温が温かくなると果肉が柔らかくなりすぎ、品質が保てず出荷できないデリケートないちごのため、1月から3月上旬のみしか販売が出来ません。

予約が1か月待ちになることもあります。
一般の桃薫よりも粒が大きいのが特徴です。

ほのかにバニラの香りがします。初めてこの匂いに触れるお客様は必ず驚かれます。また味わい深く、桃のような風味があります。

当農園の桃薫エピソード

小学校の授業で子供たちと一緒にイチゴを栽培する授業を行いました。その際に子供たちが栽培した桃薫を食べた時に、桃の香りがするという子供や、先生はバニラの香りがして感動したと電話を頂きました。

県内から桃薫を買いに来られるお客様もいます。

※桃薫は限定予約販売のみになります。

桃薫の正規品は自動販売機からはご購入頂けません。B級品(形や大きさが不ぞろいな品)のみ自動販売機からご購入いただけます。
ご購入の方はお問い合わせください。

お茶

牧之原藤田農園の静岡茶(特上)01牧之原藤田農園の静岡茶(組み合わせ)
一番茶のみを使用したブレンドをしない純粋なお茶をお楽しみください。
当農園のお茶は、色・味がよく出るお茶となっています。

※一番茶とは・・・4月中旬から5月前半にかけて収穫したお茶のこと

 

お客様の声をご覧ください!

  • ここのいちごを食べると他のいちごは食べられない!
  • 孫が一人で1パック全部食べてしまった。
  • 化学肥料を未使用だから安全で、安心して食べられる
  • スーパーでいちごを買えなくなった。
  • 他のいちごと触感が全然違う

その他にも、練乳をかけないといちごを食べられなかったという方が、練乳なしでもいちごを食べられるなど、他にも沢山の喜びの声を頂いております。

高糖度いちごの栽培のこだわり

  1. 化学肥料を一切使わずに有機肥料のみで栽培してるため、安心安全に食べられます。
  2. 土からこだわり抜いて栽培しているため、一般の章姫より糖度が高いのも特徴の一つです。
  3. 当農園は砂地栽培でイチゴを育てています。砂地栽培は地温が高くなり苗木が大きく成長するため、糖度が高くなります。
  4. 海が近いためミネラルがたっぷり入った潮風が砂に入ることで、イチゴの糖度がより一層増します。
  5. 太陽の光が沢山当たるようにビニールハウスの向きを考えて建てて、いちごを育てています。太陽の光をたくさん浴びるとイチゴがとても甘くなります。
  6. 農林水産省新ガイドラインによる化学合成農薬、静岡地区比5割減の『特別栽培苺』です。

販売期間

  • 章姫(あきひめ)12月~5月末
  • 桃薫(とうくん)1月~3月中旬
    (火曜日・土曜日直売所定休)

販売場所

・ANAセレクトギフト販売
・農産物直売所 JAはいなん ほうせん館(静岡県牧之原市細江)
・藤田農園(静岡県牧之原市片浜)
・いちごの自動販売機(牧之原市内)
・812アプリ ライブコマースにおけるライブ販売(ほぼ毎日販売)

◇     ◇     ◇

いちごレシピ例

 

アクセス

〒421-0511 静岡県牧之原市片浜556-1
電話番号:0548-22-0473
営業時間:午前10:00~午後7:00

◇     ◇     ◇

藤田農園のいちごは自動販売機でもお買い求め頂けます。
自動販売機の地図はこちら↓

 

お気軽にお問い合わせください。0548-22-0473受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
PAGE TOP
MENU